安い料金でも質の良いテープ起こしが可能に

専門的な翻訳の委託とは

アルファベット

文書の翻訳代行サービスでは、専門的な内容を扱う場合はその分野に精通した翻訳家を選ぶように注意しましょう。翻訳代行は、海外との文書のやり取りがあまり多くない企業での一時的な翻訳業務の委託や、多言語に対応する必要がある場面での利用に向いています。

もっと詳しく

内容の理解から始まります

英語

海外との交流が増えた現在においては、翻訳の機会も多くなり、翻訳代行を業者に依頼する事があります。翻訳の作業をトライアルで行える場合があり、サービスを利用しながら出来上がりを考慮する事が可能になります。翻訳代行は、業者とのカウンセリングなどを通じて、最終決定に及ぶケースも多くなります。

もっと詳しく

優秀な人材の雇用

国旗

香港で通訳を雇用する場合、商談の成否にかかわるため、専門性の高い人材を雇用することが一番のポイントです。優秀な人材がそろっている為、海外企業との適切な商談や意思疎通を図りやすいといわれているのが人気の理由といえます。

もっと詳しく

会議や商談の記録を残す

女性

話した言葉をテキスト化

会社での会議、商談やインタビューの内容などをボイスレコーダーで記録として残すことは今や当たり前になりました。しかし、その記録は音声のままでは資料化したり情報として公開するのに不便です。元々は現場に速記者などがいて記録を神に残していましたが、現在は記録した音声をもとに文字を起こす、テープ起こしという作業でテキスト化することができます。音声を聞きながらタイピングすることも大変ですが、会話を全て文字に起こすのではなく話し言葉に含まれる感嘆詞や口癖などを省くことが必要な場合もあります。そのため、テープ起こしは専門の業者に委託するのが確実です。委託する業者は数多くあり、それぞれに特色があるので依頼内容や料金などに応じて最適な業者を選ぶことが必要です。

テキスト化の種類

テープ起こしを依頼するには起こし方に種類があることを承知しておきましょう。まずはケバについて決めます。ケバとは「えー」「あのー」といった、意味のない言葉のことです。このケバを取るか、ケバ付きのまま起こすかを決める必要があります。ケバを取ったうえで言い間違えや言い直しを修正してテキスト化することを整文と言います。文字数を指定して内容を要約してもらうこともできます。反対にケバを取らずに、話し方の速さや沈黙の長さなどの情報も全て起こす方法もあります。発注の際は録音した機材によってはデータ化の必要があります。メールで送付したほうが即時に作業を開始してもらえます。ただし、音声データのサイズが大きかったり、機密性の高い情報であったりする場合は各種データサーバーを利用しましょう。テープ起こしを依頼する業者は依頼内容によって選定します。専門用語を多く含む場合は実績を重視して選びます。とくに専門性のない普通の内容であれば料金と納期で決めます。業者によっては録音データの時間ではなく文字数で料金を決めるところもあります。場合によっては文字数で計算したほうが料金を安く済ませられる場合もあります。