専門的な翻訳の委託とは|安い料金でも質の良いテープ起こしが可能に

安い料金でも質の良いテープ起こしが可能に

専門的な翻訳の委託とは

アルファベット

特化した翻訳家を選ぶこと

グローバル化が進み国内企業は海外企業・支部とのコミュニケーションを積極的に取る必要がありますが、必ずしも一社が一つの外国語で対応できるとは限りません。特に文章作成は豊富な文法・語彙の知識が必要なこともあり負担が大きいものですが、近年では翻訳代行というサービスがあります。翻訳代行では仲介会社を使うことが多く、希望する言語に精通した翻訳家に文章の作成を依頼することになります。その際の注意点として、薬の成分や機械の取扱説明書など専門的な表現を含むことがある場合は、その分野に特化した翻訳家を選ぶということが挙げられます。これらの特殊な文書では、簡単な語彙でも多義語としてあまり知られていない意味で使用されていることが多々あり、翻訳代行を依頼する際には翻訳家の得意分野を確認しておきましょう。

外部委託のメリットとは

文書の翻訳が必要な機会が多い現代では翻訳代行を用いる機会が多い分、そのメリットを曖昧ではなく明確に把握しておくことが会社への利益のために必要です。専門の翻訳家を会社で雇うと人件費が生じますが、常に翻訳の必要性がある文書が存在する場合は即座の対応ができます。一方、翻訳が必要な頻度がそれほど多くない会社の場合は翻訳家の雇用が難しく、この場合は翻訳代行を使うことで一回当たりの翻訳代のみで経費が済みます。また、翻訳家を雇うとしても多言語への対応が必要な場合は、一部の言語を翻訳代行サービスに委託することで、言語に応じて予算を組むことが可能になります。上記のように、翻訳代行は文書翻訳の頻度が少ない会社や、多言語に対応する必要があるビジネスの場面で向いているサービスです。